waiwaiwaiwai

明日、私は誰かのカノジョ【6巻】では、ホストクラブに踏み込んでいく萌と常連のゆあがのめり込んでいく様子が描かれています。

ゆあはホストクラブの金ずるされている様子です。

萌も女として見てくれているホストクラブの男にちやほやされていくが果たしてどうなる!?

作品名 明日、私は誰かのカノジョ
著者・作者 をのひなお(をのひなお)
評価星 4.2

明日、私は誰かのカノジョ【6巻】ネタバレ:あっ、嘘だらけの関係!?

明日、私は誰かのカノジョ【6巻】では、ホストクラブがメインで話が進んでいきます。

ビックリ、ゆあがまさかの体をはり、お金を稼いでいるとは思いませんでした。

ホストクラブに借金があったのか、多額のお金を渡しています。

実は、指名のハルヒというホストに怒りをあらわに!?

ビックリ、ゆあがホストクラブの中心で不満を叫ぶ!!!

こんな感じで叫んでいます!

読み進めても、どこから見ても、金を運んでいるだけに見えてしまう!

酷いです!

あ、明日、私は誰かのカノジョを読んで見たいと気になった方はこちら!

萌が女友達の女らしさに嫉妬していくなかでゆあの状態が・・・

萌はというとホストクラブにいき、少しずつ変わっていきます。

女として見てもらいたいと願いながらも自身はそうゆう人間ではないと押し殺しているが、根深い所にはやはり、「女として見てもらいたいのだ」とふつふつと読んでいくうちに行動に現れていきます。

そん中で、ゆあと話すことになるがものすごい違和感があります。

前回、こんな展開になっているが、もの扱いされている気がして、大丈夫ではない気がします。

二人で話した後の展開もホストクラブにのめり込んでいる!

ここから、悲劇の始まりだったのか?

全てが嘘だらけにできた関係にこじれていきます。

言葉巧みに稼がせ都合のいいようになっているゆあ!

こんな感じで、体も許してしまっているが中身を読むと悲惨すぎます!

まさに嘘だらけの関係です!!

感想

一時の快楽に流されてい彼女たちが、依存してしまい、まさに漫画の題名通りに進行していってます。

今回は正直キツイかったし、すごくムカつきました。都合のいいように動かし、片方だけ不幸になるのはよろしくないですね!

あ、明日、私は誰かのカノジョを読んで見たいと気になった方はこちら!