waiwaiwaiwai

こんにちは。3巻では、海と同じ死神の樹が海を刺した理由を激白!精神を壊し、前世の記憶を蘇そうとする!そこから大牙は海の前世に何があったかを捜査していく!

作品名 ラストアンコール
漫画家 志宇(しう)
星の評価 3.4

<漫画>ラストアンコールネタバレ3巻:海の過去を捜査!

最初から海が何度も刺されるシーン!

怖いんですけど!

そのあと、こんな感じで樹が意味が分からないことを言うんですよ!

どういう事?

大牙と私も何が何だか分かりません!

海曰く、死神は人間の体を使って、今この場所に存在出来ているようですよ!

亡くなった人の体に海が入っている感じ!

ゴットオブブラックフィールドを思い出してしまいました!

大牙の精神が崩壊寸前!

そんなこんなで、死神の仕事を再開するのだが、大牙には荷が重すぎるです!

大牙には、死神の仕事は向いていない!死神の依頼は大人だろうと子供だろうと関係なく海はこなしていくんですが、ついに精神的にやられてしまう!

こんな感じです。

一人で抱え込んでしまった大牙に一人の人物が登場します。

大牙の親戚、恭一郎が登場!

酷く鬱状態になっている大牙の家に誰かがくるんです!

恭一郎という親戚の兄貴が登場します!

こんな感じで!

そこからは恭一郎の独壇場ですよ!相手の悩みを吐かせるのがうまい!

海が死神ということさらりと感づいたりしてやばいです!

大牙は悩みの種、海の体の前世の事を調べるように勧めるんですよ!

大牙は調べる決意を固めて、恭一郎は大牙の代わりに海の助手として手伝うことに!

このあとどうなってしまうのか!

感想

人の復讐や裏切りなどをされて、幽霊として死神に依頼して無念を晴らすストーリーの中で大牙のように死に対して、考えていくと気持ちがいいとは思えないですね!

復讐系のサスペンス漫画がお好きな方はおススメです!

ラストアンコールが気になる方はこちら